第二回 東北災害ボランティアの総括
 姫路発  感動を運ぼう!Xmas in 宮城県七ヶ浜町
 

主催  姫路発 中高生のための東日本災害ボランティア
後援  姫路市、姫路白鷺ライオンズクラブ
協賛  七ヶ浜ボランティアセンター、

第二日目

 シンデレラとハート姫の衣装に包まれた、大和田さんと佐々木さんの登場で一挙に、会場はヒート
アップ!そんな頃から、ちらほらと子供達の姿が、あちこちで見受けられるようになって来ました。
国際村で、プレゼントのラッピングをして下さっている四人も合流。サンタクロースの袋にも、ぎっ
しりとプレゼントが詰まりました。私自身も、ブルーのサンタ衣装に身を包み、髭も付けました。
すると、どうでしょう?あちこちで、サンタの登場に、歓声の声が聞こえます。サンタは、やはり、
人気のキャラクターだと、改めて、感じました。四時が近くなりましたので、屋外の炊き出しの様子
を見に行くと、開演前だと言うのに、もう、焼きイカは完売のようでした。幸いに、焼そばと、うど
んは、まだまだ、残っていたので、子供達が来ても、大丈夫だとは思ったのですが、凄い人気の焼き
イカには驚きました。

 子供達が、続々と、集まって来ています。受付で、プログラムの書かれた紙と、ルミカライトを、
それぞれが、手にして、会場入りです。ルミカライトは、腕に巻いて使用するものです。名古屋の
HAPPY Joint様が提供して下さいました。今回、様々な材料や器具などを提供して下された企業、個
人の方々の数が、実に、多いのです。現地に出向いての直接の参加をして下された方々、それを間接
的に支えて下された方々。大勢の方々の御支援を受けることが出来ました。有難さを感じると共に、
一同が、同じ方向を向いているからこそ、出来ることだとも感じました。「東北の子供達に感動を運
ぼう!」歓喜の声、喜んでくれている笑顔。欲しいものは、これらの二つ。皆さん、同じ思いであら
れたと思います。

 午後四時半、予定通り、Xmasは開かれました。司会を担当したのは堀田さん。魔女の衣装で登場で
す。照明が一斉に、照らすので、眩しい中、言葉を選んで、話されていたのが、とても印象的でした。
続いて、私の挨拶へと進みます。挨拶は短めに。子供達の元気が引き出せるような、挨拶にしようと、
サンタ衣装のままで、御挨拶させて頂きました。「Merry Xmas!」子供達も、大きな声で応えてくれ
ましたね。「サンタは兵庫県から、やってまいりました。大変な一年でしたね。来年は、いい年を迎
えよう!そんな締めくくりのXmasにしましょう!」このように伝えました。ホントは、子供達、一人
一人を見ながら、挨拶したかったのですが、それを見てしまうと、言葉が出なくなりそうで。軽快な?
テンポの挨拶とは、かけ離れた、もう一人の自分がいました。

 続いて、司会の紹介で、登場したのは、シンデレラとハート姫のお二人でした。彼女たちは、同じ、
宮城県の大崎市在住。この日のために、二人で、カラオケに三回。以外に、彼女達の家で練習を繰り
返し、二人の息の合っていること。そのハーモニ−は素晴らしかったです。いきなり、平原綾香さん
のジュピターでした。この選曲、間違いではなかったですね。子供達の心が、ジュピターの曲に吸い
込まれて行く。魔法に掛けられたようになりました。彼女達の歌声、それを、会場の奥で、支えてく
れる音響の方々の魔法でした。。凄い、迫力でした。東北復興のテーマソングとも聞きました。
Every day I listen to my heart ひとりじゃない、、、」荘厳で、それでいて、心に浸透す
る曲でした。
 続いては、「 Yelle 」この曲での、二人のハーモニー。綺麗な透き通った声でした。会場全体が、
歌声に吸い込まれたままのようでした。衣装も栄えていましたね!特に、ハート姫の王冠。きらきらと
輝いていました。舞台で栄えるようにデザインがなされているのだと、改めて、理解出来ました。時折、
笑顔を見せて、子供達に手を振る姿が、とても印象的でした。本番前に、衣装で固めた、佐々木さんが、
「今から、平原綾香よ!」と、独り言を言っていたのを思い出しました。平原綾香さんに成りきる!そ
んな意志の強さが、あれだけのムードを創ってくれたのですね。きっと。彼女達は百%の歌を届けてく
れました。


次回は、小学校の先生である久下先生のベルの演奏からお伝えしたいと思います。

一日目へ戻る

写真はこちら♪

TOPへ戻る