第1回災害ボランティア 第1日目の総括

☆☆ 八月十日、午後七時半 開眼塾前に集合 ☆☆

予定より、半時間も早く、神姫バスが来てくれました。荷物の積み込みは、思い返しても、凄い
ものでした。炊き出しに使う、姫路おでんのレトルトパック百五十人分、おでんに使う道具一式。
お好み焼き小麦粉、キャベツ三百人分、鉄板などの用具一式。熱中症対策のスポーツドリンク、
お茶。以外に、姫路市の陸上競技場からお借りしたテント類。大型クーラーボックスの数々。
現地の子供たちに作製してもらうための、鉛筆立て、本立て、万能ボックス、これらのキット
百人分、トンカチなど、用具一式。他に、ブンブン蝉と呼ばれるキット百人分。避難所の方々
にお送りするためのハーブの鉢植えの数々、苔玉など。他に、扇ぐと、アロマの香りを発する
オリジナル団扇百人分などなど。凄いことに、これだけの物量の殆どが、個々の方々の御好意
によって集まって来ました。姫路おでん協同組合、陸井林業、赤穂ねぎころ屋、アロマの深津
先生など。又、塾関係で御協力頂いた方々に、この場をお借りして、御礼申し上げます。今に、
考えても、これだけの物量が集まったことは、ただ、ただ、驚くばかりでした。

 今回の災害ボランティアは、現地のボランティアセンターとの周到な連絡を元に、具体的な、
望まれる活動を計画しました。結果、アロママッサージ班、炊き出し班、現地の子供たちのイ
ベント班、浜の清掃班。これらになりました。幸いと言うより、こんな不思議なことがあるの
でしょうか?そのパート、パートで専門の方が、引き寄せられるように集まって来られたので
した。事実、現地では、これらの方達を中心にして、中高生達がお手伝いをすると言うような
理想的な形が出来上がっていました。今に、思えば、多過ぎず、少な過ぎず、一人一人が戦力
になっていたように感じます。


☆☆ 八月十日、午後八時 姫路駅南バスロータリー出発 ☆☆

驚きました。塾前から、バスをバスロータリーに廻したところ、見送りの方達が、沢山、お待
ちでした。姫路白鷺ライオンズクラブの方達を中心に、あれだけ多くの方達に、御見送り頂け
るとは!皆様方、温かい御言葉ばかり。数々の、激励の御言葉に、改めて、実行した喜びを感
じました。あの大震災以来、何が出来るかを、ずっと、模索していましたが、あそこにお越し
頂いた方々も、きっと、同じ思いをお持ち下さってるのではないかと感じた次第です。出発に
当たって、姫路白鷺ライオンズクラブの会長さんの激励の御言葉は、今から始まる災害ボラン
ティアへの期待と、覚悟を、めいめいに、与えて頂けたように感じました。出発に当たって、
たくさんの方々の拍手は参加した子供達を始め、御忙しい中、万障を繰り上げ、御参加下され
た方々への、何よりの勇気づけになったように感じました。人のために、させて貰える喜びを、
きっと、肌で感じたと思います。
出発前の姫路白鷺ライオンズクラブの会長さんの激励


本日は、ボランティアの初日目の総括でした。次回は、二日目の、現地での活動の総括を致します。


災害ボランティア 第2日目の総括へ



東日本災害ボランティア関連の写真は掲載準備中です!
写真準備遅れていますm(_ _)m
随時UPしていきます。

8月10日出発〜
8月11日到着〜姫路おでん炊き出し
8月12日午前、お好み焼き炊き出し、アロマトリートメント(七ヶ浜)
8月12日午後、石巻釜小学校
8月12日午前、ミニライブ(七ヶ浜)--工事中
8月12日午前、子供工作お手伝い(七ヶ浜)--工事中
七ヶ浜の現状、浜の清掃活動--工事中
8月13日中尊寺--工事中

その他

TOPへ戻る