災害ボランティア 第一回東北災害ボランティアを終えて


☆☆ 第一回東北災害ボランティアを終えて ☆☆


 先ず、被災地の受け入れ態勢に恵まれたことは一番の収穫でした。七ヶ浜町災害ボランティアセン
ターとの連絡を密にして、この計画は始まりました。到着後、当地の方に言われたことは、『数ある
災地の中で、七ヶ浜町を選んで頂いたことに感謝致します。』何と、素晴らしい御言葉でしょう!お
被陰様で、活動もスムースで、私達の予想を遥かに超える成果が上がりました。

 七ヶ浜町ボランティアセンターの活気の源は、何なのでしょうか?日本全国、また、外国からもボ
ランティアに駆けつけて、実に、洗練された活動が随所に見られのです。ここでは、皆さん、黙々と、
作業を手際良くなされているのですね。また、ボランティアセンターのスタッフの方々、ボランティ
アとして参集なされて来られた方々が、忽ちに、一体となって活動出来て行く。素晴らしい環境でし
た。皆さん、笑顔で、楽しそうに活動をなされておられました。このように感じる空間。他にあるで
しょうか?実に、爽やかな感じを受けました。ボランティアセンターの中にある書き込みを読んでみ
ると、『また、来ます!』これが、実に多いのです。七ヶ浜町は、引力のように、私達も惹きつけま
した!

 次に、生徒たちの変心です。実際に、行って見るまでは、気の重たい生徒も多く見られ、渋々に参
加した生徒もありました。それが、どうでしょう?姫路に戻って、二日もすると、あちこちから、
『もう一度、行きたい!』このような声が聞けました。相当にハードな行程であったにも関わらずに
です。きっと、何かが心に届いたのだと思います。被災地の人々のために、尽くそう!そんな心が芽
生えてくれれば、この計画は、当に、大成功だったと思います。
 仮設住宅でお過ごしになられる人々と接して、また、避難所での生活を目にして、感じるところは、
実に、多かったように思います。一人の生徒の夏休みの作文の引用です。『ある夫婦が、かき氷をボ
ランティアの人々に出していました。軽い気持ちで、その御夫婦に震災に遭われたのですか?と聞き
ました。えー!車も家も流されてしまいました。この言葉を聞いて、何も言えなくなってしまいまし
た。何故かと言えば、自分自身の生活さえも、危ういのに、ボランティアの人々に、かき氷を作って
は出している、その姿に感動したからです。』また、他の生徒の作文です。『アロマのマッサージを
している時に聞いた話です。ある女性が、その生徒に向かって、指を一本立てたそうです。これだけ
しか、残らなかったのよ!そこには、指輪だけがありました。』被災地の方々によって、確実に、生
徒たちは育てられていました。私達は、被災地の方々のことを思い、ボランティアを計画して行く。
被災地の方々は、ボランティア活動の人々のことを思い、心を砕いて下さる。そんな、心の好循環が
見られるところ。それが、七ヶ浜町でした。第二回東北災害ボランティアが計画されたのは、自然な
流れではなかったでしょうか?

 姫路に帰ってからのお話です。素晴らしい、プレゼントが待っていました!それは、七ヶ浜小学校
の始業式の日の様子を映すテレビの画面でした。そこで見たものは、何と!あの、夏休みのイベント
で作成した本立てなどを、手に持って、登校している子供達の姿でした。こんなに嬉しいことは、他
に無いですね…!疲れも何も、ただ、ただ、喜びだけを頂けました!何と、素晴らしい、プレゼント
なのでしょう!あのテレビに映し出された様子は、きっと、私自身の、一生の宝物になるでしょう。
被災地での体験は、私達に、素晴らしいものを運んでくれました。このような体験は、他の何処に求
めても無理だと感じました。

 最後に、今回のボランティアの成功は、偏に、そのスタッフに恵まれたこと。適材適所のサムライ
達が集まって来てくれたことにあります。ここに、改めて、姫路白鷺ライオンズクラブ、神姫バス、
姫路おでん協同組合の方々の御協力に感謝するとともに、次回にも、サムライ達の、こぞっての参加
を切望して、結びとしたいと思います。



☆☆  第二回東北災害ボランティア募集について ☆☆


第二回東北災害ボランティアは十二月九日発と決まりました。途中、神戸、京都での乗車も可能にし
ております。
今回のテーマは、思い出に残そう!Wonder Xmas!東北でも、一番と言われます、七ヶ浜国際村の水
に浮かぶ野外ステージ、アンフィシアターで催します。オープニングは、サンタが街にやって来る!
数々の歌と踊り、ミニ劇。そして、ファイナルは、この大震災でお亡くなりになられた方々の追悼の
意味も込め、蝋燭?ルミカライト?を五百本用意して、一斉に『きよしこの夜』を唱和の予定です。
現地の子供達と共に、声高らかに歌いましょう!きっと、それは、天にまで運んでくれるでしょう。



8月10日出発
8月11日到着 姫路おでん炊き出し
8月12日午前、お好み焼き炊き出し、アロマトリートメント(七ヶ浜)
8月12日午後、石巻釜小学校
その他

TOPへ戻る